MAZO
c0140755_1152898.jpg


MAZO-S/T

Side A:
Balada Cafre
Nada Nada
Depresion
Me Estas Equivocando
Side B:
Extermination
Rebelate
Vive La Musica (part I y II)
Has Cambiado

1982/spain/Mercury:63 01 57


Now this is one confusing record. I've asked several "specialists" on Spanish/Latino-metal and none of them seem to be familiar with MAZO. On the other hand this guy I know claims he's seen it several times here in Sweden. I wouldn't dare to estimate a value because either this is Spain's most common Metal record, available for a few dinares in every flea market in the country, and totally ignored by the collector community for that reason (after all it's on a major label), or it's a priceless, uknown megararity and it was pure idiot luck for me to find it for an equal of 10 euros on a record fair here in Stockholm ...or something inbetween. Musically they're kinda like the missing link between MOTÖRHEAD and JAGUAR. Yep, they're sure big fans of Lemmy & co and without a doubt they were the hardest rocking band in Spain in 1982. Let me throw some more names into the basket for fairness sake: ACID, TANK, 1980 BRATS, VULCAIN, ARKANGEL - as close to Speed/Power Metal as you could possibly get this year. If they ever shared a gig with BARON ROJO I bet they blew the old Baron right off the stage. Not a shade of epic viking metal hymns for those of you who are into that stuff, but then again not one single piece of blues, boogie, aor, new wave or whatever else it is that usually kills a would-be great Hard Rock record. The opener "Balada Cafre" sets the pace. Total speed metal hard rock bliss that will kill your lawn if you forget you close your livingroom window. "Nada Nada" is the ultimate rock'n'roll song - such a powerful lead riff and killer melodic chorus and a live favourite for sure. Then comes another brilliant speed song vergeing on thrash in "Depresion", then on it goes like that, a hard rock song followed by a power/speed track followed by another rocker. The album somewhat looses itself in the middle where the songs gets a bit forgetable, but then the closing "Has Cambiado" hits you like a ton of bricks. Definitely their finest moment! It combines all their strongest sides, the powerful vocal harmonies, drums at thundering speed and those ravageing rock riffs. The album as a whole barely makes my top ten list for 1982, but it's still the best Spanish metal album I've heard so far. Rarity or not, a must buy.

現在、これは1つの混乱させる記録です。私はスペインの/ラテンアメリカ系金属の数人の「専門家」に尋ねました、そして、彼らの誰もMAZOをよく知っているようでありません。他方、私が知っているこの人は、彼がここスウェーデンで数回それを見たと主張します。これがスペインの最も一般のMetal記録(国でのあらゆるフリーマーケットの2、3のdinaresが利用できる)で、その理由(結局、それは主なラベルです)のためにコレクターによって全くコミュニティを無視したのでも、私は価値を推定することをあえてしません、あるいは、それはそうです極めて貴重な、uknown megararity、そして、それは純粋なばかは私がここストックホルムで10ユーロと同等の物のためにそれを記録的なフェアで発見する運であった...または間に何か。音楽的に、彼らはMOT RHEADとJAGUARの間でいくらか失われた環のようです。はい、彼らはLemmyとcoの確かな大ファンです、そして、疑いなく、彼らは1982年のスペインで最も堅い揺れるバンドでした。公正さ目的のためにもう少し名前をバスケットに投げ込ませてください:酸、タンク、1980人のがき、VULCAIN、ARKANGEL - Speed/Powerの近くにのように、あなたとしてのMetalはおそらく今年を得ることができました。彼らがギグをBARON ROJOと共有するならば、彼らがステージから年をとった男爵を正に吹き飛ばすのはまちがいありませんでした。そのもの、しかしまた、ブルースの1つの一つの部分にもないいるあなたのそれらのための壮大な海賊金属賛美歌の陰は浮かれません、aor、ニューウェーブその他他にそれは通常それですへたなすばらしいハードロックレコードを殺します。より開いた「バラダCafre」は先導します。あなたがあなたがあなたのlivingroomウインドウを閉めることを忘れるならば、あなたの芝生を枯らすスピードメタルハードロック幸福となってください。「灘灘」は、最終的なロックンロール歌です - 確かなそのような強力なリードするリフと殺人者旋律的なコーラスと有効なお気に入り。すばらしいもう一速来ます、やっている歌vergeingは、「Depresion」で打ちます、それの上でその時それ(もう一人のロッカーが続く力/速度トラックが続くハードロック歌)のように行きます。アルバムは、いくぶんそこで中央でそれ自身で歌を緩めます少しforgetableです、だが、閉鎖は「Cambiadoを持ちます」あなたがレンガの1トン、好きであるヒット。確かに、彼らの警察瞬間!それは、すべての彼らの最も強い側、強力な声の調和、とどろき渡る速度のドラムスとそれらのravageingしている岩リフを結合します。アルバムは全体として1982年の間かろうじて私のトップ10のリストを作成します、しかし、私がここまで聞いたことはまだ最高のスペインの金属アルバムです。希少性、必要なもの買物。


s&m
[PR]
by unchain2003 | 2007-11-13 11:10
<< へどら no shelter >>